朝鮮半島ではイカ漁の季節を迎えている。北朝鮮の東海岸は、去年春までイカの大漁で「イカラッシュ」とも言うべき好景気に沸いていた

しかし、当局による小型漁船の出漁禁止と中国への漁業権売却で、多くの漁師が仕事を失い、市場や駅でイモを売ったり、炭鉱に働きに出たりして生計を立てざるをえない状況だ。

つまり、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)や政府機関所属の大型漁船や中国漁船が、海の利権を独占している。さらに、その影響は、北朝鮮住民だけでなく、軍事境界線の南側の韓国側にも及んでいる。

韓国の地方紙「江原道民日報」によると、江原道(カンウォンド)の環東海本部は韓国海洋水産開発院に依頼して調査を行った。

北朝鮮海域で操業を行う中国漁船の数は、2004年に144隻だったのが、2005年は939隻、2011年は1290隻、2014年には1904隻と10年間で13倍に増加した。中国漁船は、年間15トンのイカを漁獲しているものと見られる。

回遊性のイカは、季節が進むにつれて北朝鮮から韓国に降りてくるが、その前に中国漁船が釣り上げてしまうため、南側沿岸に降りてこず、韓国の漁獲量は減少。江原道のイカ漁獲量は2004年の2万2243トンから2015年には1万831トンまで減った。イカに加えて、スケトウダラやサンマなどの漁獲量も減るなど、漁民は大きな被害を受けている。

同様の被害は、江原道の南にある慶尚北道(キョンサンブクト)でも広がっている。大邱MBCによると、昨年のイカとカレイの漁獲量は一昨年に比べてそれぞれ33%、39%の減少だった。

江原道の漁業関係者は、「道内の漁民の被害を政府が支援する形に持ち込みたい」とし、「外国漁船の東海(日本海)北朝鮮海域操業に伴う東海岸漁民支援特別法」を国会で制定させ、地元の漁民の支援に乗り出す計画だ。

中国漁船の「乱獲」に対しては北朝鮮当局も頭を抱えているようで、北朝鮮の漁業指導船が中国漁船を追いかけて、韓国海域に侵入する事態が頻発している。

    関連記事