北朝鮮が、中国から大量の家畜用の「大豆カス」を輸入していることが明らかになったと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

海が荒れたり港が凍ったりする冬には中国から北朝鮮に入る貨物の量は大幅に減る。そこに加えて今年は核実験まで加わって減少幅が大きい。一方で、大豆カスは大量に輸入されている。

中国丹東の貿易会社の関係者によると、大豆カスが単一品目としては対北朝鮮輸出の割合が断然1位だという。

別の丹東市民は、大豆カスを満載した20トントラックが毎日10台以上北朝鮮に入国しているのを目撃している。その用途について中国の情報筋は一様に首を傾げているが、脱北者は「人造肉」、つまりソイミートの材料と見ている。

大豆カスとは、大豆の油を絞った後に残るもので、「生産から3年過ぎると一般の食用から家畜用に変わるが、品質に何ら変わりがないわりには、値段が非常に安い」(情報筋)とのことで、人造肉を作るにはもってこいのものだ。

人造肉は、1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の頃に、タンパク質を摂取するために作られるようになった。味付けしたご飯を入れていなり寿司のようにしたり、細切りにして甘辛く炒めたりして食べるが、中々のお味だという。

韓国で、脱北者が運営する食堂で人造肉を食べた経験のある日本人は、「歯ごたえがあり食感がいい」「味付けを変えれば日本でも売れる」と語る。

今回の大量輸入について脱北者は「金正恩第1書記が軍人の栄養補給のために、豆の栽培や豆製品の製造を奨励しているが、その一環ではないか」と見ている。

    関連記事