北朝鮮が2012年から2014年の3年間で、合計20トンのビールをドイツ・バイエルン州から輸入しているとKOTRA(大韓貿易投資振興公社)が15日に明らかにした。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

KOTRAのミュンヘン貿易官が、バイエルン州統計庁の資料を分析し作成した「ドイツバイエルン州対北貿易動向」報告書によると、北朝鮮は2012年に同地域からビール4トン(1万1千ユーロ=140万円)分を輸入。2013年には、8トン(1万4千ユーロ=178万円)、2014年にも8トン(1万5千ユーロ=191万円)のビールを輸入したという。

一方、バイエルン州の対北貿易額は、2013年が642万9千ユーロ(約8億円)、2014年は38万6千ユーロ(約5000万円)で、おおよそ16分の1の水準に急減。全体の貿易額は大幅に減少したが、ドイツ・ビールの輸入に関しては、小幅だが増えている。

    関連記事