北朝鮮が今月6日に実施した核実験への報復措置として、韓国は8日から対北朝鮮拡声器放送を再開した。

昨年8月、地雷爆発に端を発した南北対立の際、韓国側は報復として対北朝鮮拡声器放送を11年ぶりに再開した。その後の南北会談で、北朝鮮側は対北朝鮮放送を止めるよう強く要求。合意によって中止に至った経緯から、北朝鮮が最もナーバスになる心理戦と見られている。

昨年8月に引き続き、今回の対北朝鮮放送の再開は、南北対立の新たな火種になることは間違いない。とりわけ北朝鮮側からすれば、対北朝鮮放送が「プロパガンダを無力化させる」ことを恐れているようだ。そうでなくても、北朝鮮の多くの庶民達は、自分たちが貧しくて韓国が豊かであることを知っており、体制への不満を持っている。

韓国側もこうした事情を理解しているのか、むやみやたらに金正恩氏への批判を行わず、硬軟取り混ぜたコンテンツとなっているようだ。

実際のところ、北朝鮮の新しい世代は、金正恩氏の「恩恵」として支給される学校制服について「ダサい。人間の価値が下がる」などと、無慈悲にこき下ろすほど、権威を鼻にもかけないわけだから、あえて個人攻撃をする必要もないかもしれない

ただし放送は、昼は10キロ、夜は24キロ先まで聞こえると伝えられるが、実際にどれくらいの範囲に聞こえているかは、今のところわかっていない。また、あくまでも軍事境界線付近での放送であり、限定的にならざるをえない。

対北朝鮮拡声器放送によって、すぐさま北朝鮮体制が劇的に変化することはない。それでも、北朝鮮側は反発してくるだろう。北朝鮮は、なによりも最高尊厳=金正恩氏と体制の権威を重んじる国家だ。どれだけ内容がソフトになろうと、金正恩体制を批判することは、「最高尊厳に対する冒とく」であり、誰であろうと「無慈悲な鉄鎚から逃れられない」と常日頃から強調している。

はたして、北朝鮮はどんな「無慈悲な鉄鎚」を振り下ろしてくるのだろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事