米国のオバマ大統領は13日(日本時間)、任期最後の一般教書演説を行ったが、北朝鮮問題に言及しなかった。

これについて、米国家安保会議のベン・ローズ副補佐官は「4度目の核実験を強行した北朝鮮を意図的に無視している」という姿勢を明らかにした。

ローズ氏によると、オバマ大統領は北朝鮮問題について言及したなかったことについて「北朝鮮の指導者に特に関心を示したくない」「北朝鮮の指導者は関心を持たれたいようで、一般教書演説で北朝鮮に多くの時間を割くことを何よりも望んでいただろう」と戦略的な判断で言及を避けたという。

また、ジョン・ケリー国務長官も、ワシントンの国防大学で行った外交方針演説で、北朝鮮について一切言及していない。

一方、ローズ副補佐官は「オバマ政権の外交政策で、北朝鮮の核問題のプライオリティが下がったわけではなく、優先課題だ」と強調。日本の安倍晋三総理や韓国の朴槿恵大統領とも連絡を取り合い、ミサイル防御態勢を強化する案を検討していると述べた。しかし、THAADなど特定のミサイルシステムの名前は挙げなかった。

北朝鮮に対する制裁については、「米国は、国連安保理でも米国独自の制裁を検討しており、制裁の効果があるだろう」と語った。

また、対北朝鮮制裁における中国の役割を強調しながら「中国は北朝鮮に追加で圧力を加えることができる」「朝鮮半島の不安定化に対する中国の憂慮は理解するが、北朝鮮が核実験を行っている状況での現状維持はむしろ地域を不安定にする」と述べた。

    関連記事