韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日、韓国大統領府(青瓦台)で、国民向け談話を発表。北朝鮮が「水爆実験」と主張する核実験に関して「安全保障に対する重大な挑発であり、わが民族の生存と未来への深刻な脅威」と非難した。

談話では、「北朝鮮の住民に真実を知らせるための努力を続けていく」と、対北朝鮮拡声器放送の意義を訴えながら、「国連安保理次元だけではなく、両者と多国間のレベルで、北朝鮮がダメージと感じる実効的な制裁措置を取っていくために、米国など友好国と緊密に協力する」と、国際社会の連携を訴えた。

そのうえで、「中国は、北朝鮮の核を認めないと公言してきた。その強力な意志が、実際に必要な措置で伝わらなければ、今後、5回目、6回目の追加核実験を防げないことを中国もよく知っている」と述べながら、北朝鮮核問題における中国の役割を強調した。

ただし、談話は北朝鮮の核実験問題から始まっているが、中心テーマは経済関連で、安保関連より2倍以上の割合だった。また、従軍慰安婦問題などの対日外交については、一言も言及はなかった。

    関連記事