今年も日本の各地で行われた成人式が荒れたようだ。一部とは言え、ヤンチャな若人や暴走族が、派手にデコレーションされた自慢のバイクで成人式に乱入し、酒を飲んでは、無法の限りを尽くすーーこうした風景は良くない意味で成人式の風物詩となりつつある。

暴走族という極端な示威行動はさておき、古今東西、バイクは若人にとって憧れのアイテムだ。北朝鮮でも、「デザインが格好いい」という理由で、ヤマハをはじめとする日本製バイクは憧れであり、「富の象徴」だった。

さらに、トンジュ(新興富裕層)の子弟たちは、自分たちを誇示するためにバイクに乗り始めた。昼夜問わず騒音をまき散らして町中や村中を爆走する彼らは北朝鮮版「暴走族」とも言える。

バイク雑誌の表紙を飾るジェンキンスさん

北朝鮮とバイクについて考えているとふと思い出したことがある。拉致被害者の曽我ひとみさんの夫であるチャールズ・ジェンキンスさんだ。

今から10年前、なぜかバイク雑誌「ミスター・バイク(2006年11月号)」の表紙をジェンキンスさんが飾った。

200611ミスターバイク
ミスター・バイク(2006年11月号)

北朝鮮でバイクを改造

実は、ジェンキンスさんは、子どものころからバイク好きで北朝鮮でもバイクを乗っていたというのだ。記事のタイトルは「二輪誌初掲載、ジェンキンスさんのバイクライフ」。

ジェンキンスさんは、北朝鮮でバイクに乗っていたが、エンジンが壊れてしまった。そこで、日本製の発電機エンジン(?)を載せるなどして、自分で改造してバイクに乗っていたという。

目的や用途はどうであれ、筋金入りのバイク好きは、どこにいっても部品さえ調達できれば改造をしてでもバイクに乗りたいようだ。

拉致被害者の夫であり、元米国軍人でもあったことから、北朝鮮では厳しい立場にあったと思われるジェンキンスさんが、ささやかなバイクライフを楽しんでいたエピソードには、少しだけほっとさせられる。

    関連記事