北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩第1書記が人民武力省を訪れ、水爆実験について演説したことを報じた。同日の労働新聞も3面にわたって報じた。

人民武力省で演説をする金正恩氏(2016年1月10日付労働新聞より)
人民武力省で演説をする金正恩氏(2016年1月10日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は「朝鮮労働党第7回大会が開かれる新年の年頭にわれわれが断行した水爆実験は、米帝と帝国主義者の核戦争の危険から朝鮮半島の平和と地域の安全を頼もしく保証するための自衛的措置である」としながら、次のように述べた。

「これは(水爆実験は)主権国家の合法的権利であり、誰もけなすことのできない正々堂々たるものである」

人民武力省を訪れた金正恩氏(2016年1月10日付労働新聞より)
人民武力省を訪れた金正恩氏(2016年1月10日付労働新聞より)

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩最高司令官が人民武力部を祝賀訪問、演説を行う

【平壌1月10日発朝鮮中央通信】金正恩最高司令官が、チュチェ朝鮮の初の水爆実験の壮快な雷鳴が天地を震撼したチュチェ105(2016)年の新年に際して、人民武力部を祝賀訪問した。

金正恩最高司令官は、人民武力部にある金日成主席と金正日総書記の銅像の前で朝鮮人民軍総政治局、人民武力部、朝鮮人民軍総参謀部の指揮メンバーと共に意義深い記念写真を撮った。

最高司令官は、人民武力部の会議室で朝鮮人民軍指揮メンバーと席をともにし、新年を迎えた彼らを祝った。

金正恩最高司令官はまず、わが革命の前に生じた複雑な情勢について通報した。

朝鮮労働党第7回大会が開かれる新年の年頭にわれわれが断行した水爆実験は、米帝と帝国主義者の核戦争の危険から朝鮮半島の平和と地域の安全を頼もしく保証するための自衛的措置であるとし、これは主権国家の合法的権利であり、誰もけなすことのできない正々堂々たるものであると述べた。

金正恩最高司令官は、今年、人民軍の活動でとらえていくべき中心課題に関する綱領的な演説を行った。

チュチェの革命偉業遂行において歴史的な分水嶺となる第7回党大会を勝利者の大会、栄光の大会として輝かすのは、今年、わが党と人民の総体的な闘争目標であり、この重大かつ責任ある任務を遂行するうえで党中央は人民軍に最も大きな期待をかけているとし、「人民軍の政治的・軍事的威力を全面的に強化して朝鮮労働党第7回大会を守ろう!」、これが今年人民軍が掲げるべき戦闘的スローガンであると明らかにした。

人民軍を中核として主体的革命力量を全面的に強化し、人民軍をモデルにわが国家の自強力を育み、人民軍に頼って勝利からさらなる勝利の頂上を極めていくのがわが朝鮮労働党の指導方式の特性、独創性であり、この変わりのない原理、この特出した革命指導方式によって朝鮮労働党はいつも必勝不敗であろうと強調した。

人民軍の前に提起される戦闘的課題を成功裏に遂行するための近道は、主席と総書記の遺訓を一字一句深く研究、学習して自身の骨とし肉とし、それを寸分の狂いもなく無条件、徹底的に執行するところにあるとし、今年は全軍が革命的学習気風を立てることを重要な闘争スローガンに掲げなければならないとした。

人民軍で刃のような軍紀を立て、正規化の面ぼうを徹底的に整えなければならないとし、抗日遊撃隊式の部隊指揮・管理方法を徹底的に具現してすべての活動と生活を軍事規定と教範の要求通りに行うべきだと強調した。

人民軍は常に、「祖国防衛も社会主義建設もわれわれがすべて引き受けよう!」という愛国のスローガンを掲げて力強い攻撃戦を繰り広げなければならないとし、第7回党大会を迎えて強盛国家建設の主要部門で突破口を開き、軍人精神、軍人気概、軍人気質で全社会を先導していかなければならないと語った。

人民軍は、自強力第一主義というスローガンを高く掲げて国防力の強化と戦闘準備の完成において提起される科学技術上の問題を円滑に解決するためのたたかいを力強く展開しながら、経済強国の建設と人民の生活向上に寄与する先端技術成果を多く収めなければならないと強調した。

金正恩最高司令官は、人民軍指揮メンバーが党と革命、祖国と人民の前に担った崇高な使命に限りなく忠実であり、今年人民軍の前に提起された戦闘的課題を成功裏に遂行し、最後の勝利を早めるためのたたかいで自分の革命的本分を全うするということを固く信じると述べた。

金正恩最高司令官は、人民軍が完ぺきな攻撃と防御の能力を兼備し、敵対勢力のいかなる挑戦にも断固たる革命戦争で対応できるように大事変のための万端の戦闘準備状態を整えることを再度強調した。

金正恩最高司令官は、われわれの偉業は正当であり、自主の道、先軍の道、社会主義の道に沿って前進するチュチェの革命偉業はいつも勝利すると述べ、最後の勝利を目指して力強くたたかっていこうと熱烈にアピールした。

    関連記事