韓国統一省によれば、2012年に金正恩政権が誕生して以降、韓国に入国する脱北者の数が半分に急減しているという。北朝鮮当局が中朝国境の監視と、越境者の摘発を強化していることが理由のようだ。

しかしその一方、韓国に入国する脱北者のうち、女性が占める割合は増え続けている。

(参考記事:韓国に入国する脱北者の数が急減…金正恩政権の発足後

国営企業などの職場で統制を受ける男性に比べ、市場で商う女性らは行動の自由度が比較的高く、脱北に向けて行動を起こしやすい。

だが、理由はそれだけではないだろう。男性本位の北朝鮮社会で、女性らは著しい不利益を被っている。特に、権力者たちはやりたい放題だ。