北朝鮮の金正恩第1書記は、1日に発表した今年の施政方針「新年の辞」の中で昨年の国家事業を振り返り、成果の筆頭に白頭山英雄青年発電所と清川江階段式発電所の建設を挙げた。金正恩氏が発電所建設をアピールするのは、慢性的な電力難をいかに解決するかが、北朝鮮の政治経済の今後に最も大きく影響するからだ。

首都・平壌ですら1日に何度も停電し、地方によってはまったく電気が来ないことも珍しくない現状に対し、国民の不満は大きい。

北朝鮮当局は都市部の住宅対策として高層マンションを数多く建てているが、電力がなければエレベーターもポンプも動かない。