日本海沿岸部に、昨年10月以降、北朝鮮の漁船と見られる木造船が14隻漂着し、31人の遺体が発見された。こうした事故の多発について、咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNKジャパンの内部情報筋は「無理に操業したことが原因だ」と述べる。

「咸鏡南道だけでも漁に出て帰ってこない行方不明者は150人以上だ。年末に咸鏡南道人民委員会と、道の保安局(警察)が集計した数字であり、咸鏡北道や江原道を含めると数百人以上だろう」

情報筋によると、今年6月から始まったイカ漁や11、12月のハタハタ漁の事故を見てみると、行方不明者の大多数は、小さな木造船(8〜12馬力の漁船)に乗って漁をしていたという。また、沈没した船の大半が、専門の船製造所で作ったものではなく、個人の木工職人が、いい加減につくった小舟のレベルだという。