北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、朝鮮人民軍第3回水産部門熱誠者会議の参加者に対する党・国家表彰の授与式が28日に、党中央委員会会議室で行われ、金正恩第1書記が授与式に参加したことを報じた。

党・国家表彰授与式に参加した金正恩氏(2015年12月29日付労働新聞より)
党・国家表彰授与式に参加した金正恩氏(2015年12月29日付労働新聞より)

金正恩氏は、授与式に先立った演説で「東・西海全域はわが党、わが思想、わが制度を擁護、防衛するための銃声・砲声のない大激戦場である」と述べた。

さらに、「敵対勢力の反共和国孤立・圧殺策動を力強い水産熱風で断固と粉砕し、軍人と人民の食卓から社会主義万歳の声、労働党万歳の声が響き出るようにしよう」と強調した。

授与式には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏をはじめ、朝鮮人民軍の指揮メンバーが参加した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

金正恩元帥の参加の下で朝鮮人民軍第3回水産部門熱誠者会議の参加者に対する党・国家表彰の授与式

【平壌12月29日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍第3回水産部門熱誠者会議の参加者に対する党・国家表彰の授与式が28日、党中央委員会会議室で行われた。

朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が授与式に参加した。

朝鮮人民軍の指揮メンバーがこれに共に参加した。

金正恩元帥は、授与式に先立って演説を行った。

金正恩元帥は、2013年12月と昨年12月、今年12月にも党中央委員会会議室に入った人民軍水産部門の模範的な幹部と漁労工はこの会議室の主人公であるとし、同志たちが毎年ここで一年の活動を総括し、新しい課題を受けているということは漁獲作業がすなわち、人民軍の戦闘準備と人民の生活向上に直結した問題だということを雄弁に示していると述べた。

人民軍水産部門の模範的な幹部と漁労工を党中央委員会会議室に呼びつけて感謝の意を表し、全国が祝福するようにしたのは、国が困難な時、朝鮮革命の一部門にしっかりと立って金日成主席と金正日総書記の遺訓を貫徹するために雨の日にも、雪の日にも海上で純潔な良心をささげてきた同志たちのその心が貴重で、また誰もが見習うようにするためであると述べた。

今年、東・西海全域で収められた驚くべき成果は、自身と愛する息子、娘を人民軍に送った父母と全国の家庭に愛国の情熱と喜びを添えたとし、この勢いで進むなら近い将来に人民軍のすべての軍部隊と全国の家庭に社会主義の海の香りがいっぱい満ち溢れるようにし、黄金の海の新しい歴史を必ず生み出すことができるという確信を固く持つことになると述べた。

黄金の海の歴史創造の先駆者、朝鮮労働党の水産政策を絶対的な真理、信念として心に刻み付け、すべての魂と汗を惜しみなくささげて決死の覚悟で貫徹した人民軍水産部門の幹部と漁労工をわが党と祖国は永遠に忘れないであろうとし、同志たちに一刻も早く会って鼓舞し、新しく育った革新者たちの手も取り、輝く勲章とメダルを胸につけてやるために万事を後回しにして今日、この席を準備したと述べた。

人民軍水産部門の幹部と漁労工は自分が守っている持ち場がどんなに重要で、党の信頼と期待がどんなに大きいのかを肝に銘じ、党中央が定めた針路に沿って全速で走ってわが軍人と人民に魚を満足に食べさせようとあらゆる心血と労苦をささげた金日成主席と金正日総書記の願いを必ず実現しなければならないと強調した。

金正恩元帥は、来年に人民軍水産部門で達成すべき目標を定め、その実現のための課題と方途を具体的に明らかにした。

東・西海全域はわが党、わが思想、わが制度を擁護、防衛するための銃声・砲声のない大激戦場であるとし、われわれが豊かに暮らし、栄えることを願わない敵対勢力の反共和国孤立・圧殺策動を力強い水産熱風で断固と粉砕し、軍人と人民の食卓から社会主義万歳の声、労働党万歳の声が響き出るようにしようと強調した。

金正恩元帥は、われわれみんなが黄金の海に転変した社会主義祖国の海に「海の豊年の歌」の歌声が高らかに響き、すべての軍営と全国の家庭に社会主義の海の香りがいっぱい満ち溢れるようになるその日を早めるために知恵と情熱を尽くして勇敢にたたかっていこうと熱烈に呼びかけた。

共和国最高人民会議常任委員会の政令を朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)が朗読した。

金正恩元帥が、朝鮮人民軍第3回水産部門熱誠者会議の参加者に党・国家表彰を直接授与した。

金正恩元帥は続けて、参加者と共に党中央委員会の庁舎を背景に記念写真を撮った。

    関連記事