北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、2015年の朝鮮半島の情勢に関する詳報を配信。米国の対北朝鮮政策を「空前絶後の最も敵対的かつ暴悪非道なものであった」と非難した。

「新たな戦争挑発の元凶―米国を告発する」 というタイトルの詳報では、「わが共和国を内部から瓦解、転覆しようとする思想的・文化的および心理謀略戦も最悪の状況の中で繰り広げた」と、米国の対北朝鮮政策を批判した。

また、「南朝鮮当局をして『地雷爆発』『北砲弾発射』のような謀略事件をつくり上げるようにし、それを口実にして(※韓国側が)わが方に数十発の砲弾を撃つようにして朝鮮半島の情勢を危機一髪の緊迫した状況へ追い込んだ」と主張。8月の地雷爆発事件をめぐる南北対立で、北朝鮮は「遺憾の意」を表明しているが、あくまでも「謀略事件」と主張した。

さらに、「米国こそ平和破壊の元凶であり、米帝国主義にはただ先軍の銃剣、強力な自衛的戦争抑止力で立ち向かわなければならないということを再び痛感した」としながら、「恒久平和を成し遂げる道は停戦協定締結の当事者である米国と平和協定を締結するか、でなければそれを早めるための正義の最後の聖戦を展開することだけである」と、威嚇しながら米国との直接交渉をアピールした。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り

新たな戦争挑発の元凶―米国を告発する 朝鮮中央通信社が詳報発表

【平壌12月24日発朝鮮中央通信】朝鮮中央通信社は24日、2015年の朝鮮半島の情勢に関連する詳報を発表した。 それによると、わが共和国は年頭に強盛国家建設の雄大な青写真を示しながら朝鮮半島での緊張激化を防ぎ、平和的環境をつくるための建設的提案を提起し、その実現のために努力の限りを尽くした。

しかし、それに対応した現米行政府の対朝鮮政策とその施行過程は、歴史に空前絶後の最も敵対的かつ暴悪非道なものであった。

1月22日、米大統領のオバマはわが共和国を悪意に満ちて謗ったあげく、一日も早く「崩壊」させなければならないと公然と言い散らした。 オバマ行政府は今年を戦争の年に、「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」合同軍事演習が展開される8月を戦争開始の月に定め、前例のない圧殺騒動を起こした。

1月2日、「大統領行政命令」で対朝鮮「追加制裁」を宣布するなど、圧殺の法的・制度的装置を完備するためにあらゆる手段と方法を動員した。 わが共和国を内部から瓦解、転覆しようとする思想的・文化的および心理謀略戦も最悪の状況の中で繰り広げた。

新たな朝鮮戦争挑発者としての米国の正体は、南朝鮮に対する類例のない政治的・軍事的・外交的干渉と操りで明白にあらわになった。

3月2日から4月24日まで行った「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習は、8月事態を招いた戦争開始の前奏曲であった。

この戦争演習のために米国は、特大型テロ機構である米国・南朝鮮連合師団参謀部まで組織するなど、米軍の軍事作戦と計画、体系と機構を実際の戦争遂行に合わせて整備、補強した。

米国の新たな戦争策動は、8月事態をもたらした「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」合同軍事演習を契機に史上最絶頂を成した。 6月に南朝鮮当局と最終合意した新たな北侵戦争計画である「作戦計画5015」を同演習の期間に正式に稼働させた。

8月の朝鮮戦争挑発のための諸般の条件と環境を整えた米国は、南朝鮮当局をして「地雷爆発」「北砲弾発射」のような謀略事件をつくり上げるようにし、それを口実にしてわが方に数十発の砲弾を撃つようにして朝鮮半島の情勢を危機一髪の緊迫した状況へ追い込んだ。

これは、20世紀50年代に李承晩一味を6・25戦争の突撃隊に駆り出した米国の侵略手口そのままであった。

当時の情勢に対処して朝鮮労働党中央軍事委員会は8月20日、非常拡大会議を緊急招集し、前線地帯に準戦時状態を宣布するという命令を下達した。

戦争を防止し、平和を守るための朝鮮労働党と共和国政府のアピールに全国のすべての軍隊と人民が勇猛果敢に立ち上がった。

米国の新たな戦争挑発策動は、わが軍隊と人民の未曾有の超強硬対応によって完全に破たんした。

われわれの主動的な努力によって、8月22日から24日まで板門店では北南高位級緊急接触が行われ、共同報道文が発表されることにより事態は戦争の危機から平和と安定のための対話へ急転換、平定されるようになった。

しかし、緩和へ入った朝鮮半島の情勢は米国の悪らつな敵視策動によって再び悪化一路をたどるようになった。

米国は、10月に行われた北南間の離散家族・親せき面会行事の期間にも原子力空母「ロナルド・レーガン」号打撃集団を投入し、北侵戦争騒動を起こして面会の雰囲気に水を差す一方、自分らの戦争挑発企図をまたもやさらけ出した。

史上最悪を記録した2015年の朝鮮半島の情勢を通じてわが軍隊と人民は、米国こそ平和破壊の元凶であり、米帝国主義にはただ先軍の銃剣、強力な自衛的戦争抑止力で立ち向かわなければならないということを再び痛感した。

特に、恒久平和を成し遂げる道は停戦協定締結の当事者である米国と平和協定を締結するか、でなければそれを早めるための正義の最後の聖戦を展開することだけであるということをなおさら確信するようになった。

もし、米国が対朝鮮敵視政策を撤回せず、あくまでも「北朝鮮崩壊」という妄想の道を選択するなら、それに対するわれわれの応えは米国の想像を絶するものになるであろう。

    関連記事