米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、米国の連邦巡回区控訴裁判所が、韓国国籍を持つ脱北者の亡命申請を棄却する判断を示した。

VOAによると、米国の法律専門ニュースサイト「コートハウス・ニュース」が、第9連邦巡回区控訴裁判所は22日、1998年に脱北し韓国に入国後、2004年に米国に移り住んだ、脱北者チャン・ソンギルさんの亡命申請を棄却したことを報じた。

チャンさんは、2004年に制定された北朝鮮人権法の「北朝鮮住民が韓国の憲法に則って韓国国民として享受できる法的権利は、難民の地位や米国亡命申請資格を持つことを妨げない」と規定している302条を根拠に、韓国国籍を持った脱北者が米国への亡命を模索する権利を与えていると主張していた。

裁判所は、チャンさんが韓国で大学を卒業後に就職し、近所の家族と行き来するなど、幅広い権利を享受していたと指摘。米国の法律上、韓国に確実に定着したと判断した。