北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩第1書記が、朝鮮人民軍第526大連合部隊と第671大連合部隊間の双方実動訓練を視察したことを報じた。

同通信によると、金正恩氏は天地を震撼するとどろきわたる爆音と燃え上がる火柱、濃い煙の中で激しく行われる訓練を見ながら「防御と攻撃に非の打ち所がない」と喜んだという。

双方実動訓練を視察した金正恩氏(2015年12月24日付労働新聞より)

また、「訓練を通じて敵の不意の侵攻を適時に撃破、粉砕し、攻撃へと移行することのできる完ぺきな防御と強力な攻撃能力を備えたということを余すところなく誇示した」と、高く評価しながら次のような課題を提示した。

    関連記事