今年5月、南アフリカ駐在の北朝鮮外交官が、モザンビークからサイの角を密輸しようとして摘発される事件が起きたことはデイリーNKでも報じたが、この度この外交官が南アフリカから追放されたことが明らかになった。

立派な角を生やしたサイ(画像:Tambako The Jaguar)
立派な角を生やしたサイ(画像:Tambako The Jaguar)

南アフリカのニュース24によると、当該の外交官が「帰国した」と北朝鮮大使館からの通告があったと、南アフリカ政府国際関係局のネルソン・クグウェテスポークスマンが明らかにした。しかし、氏名は明らかにしなかった。南アフリカ政府は11月、この外交官に30日以内に出国するように命じている。