北朝鮮の労働新聞は23日、米国の経済制裁を「アメリカ帝国の時代錯誤の対北朝鮮敵視政策」と非難する論説を掲載した。

論説では、「不当極まりない米国の制裁騒動は、わが労働者階級の自力更生精神と自強力をさらに奮発させ、わが工業の国産化比率を高めるだけである」と主張。

さらに、「経済建設と核武力建設を並進させるという朝鮮労働党の戦略的路線があるがゆえに、われわれには恐ろしいものも、恐れるものもない」としながら、核開発を継続する意思を示した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

    関連記事