先日、デイリーNKは、北朝鮮で華僑に対する取り締まりが強化されており、スパイ容疑で100人以上が逮捕、なかには銃殺刑に処された華僑もいると報じた。どうやら、金正恩第1書記が内部情報が外部へ流出することに敏感になっているようだ。

中国丹東在住のデイリーNKの情報筋は次のように語った。

「華僑の中でキレイに金を稼ぐ人はいない。当局と密接な関係を築きながら金を稼ぐ。特に、大規模な利権事業を展開する華僑は、保衛部と通じているが、彼らのなかにスパイがいるという密告があった」

北朝鮮国内で様々な利権事業を握っている華僑が、内部情報を外部へ流出していると報告があったという。これに対して、金正恩氏と国家安全保衛部(秘密警察、以下:保衛部)と連携をしながら、逮捕を指示したというのだ。