故金正日総書記も度々訪れた同工場は、韓国情報当局によると平安南道价川(ピョンアンナムド・ケチョン)に位置し、北朝鮮の代表的な軍需工業施設で、ミサイル関連部品を生産していると把握されている。

「1月18日機械総合工場」を現地指導した金正恩氏(2015年12月20日付労働新聞より)
「1月18日機械総合工場」を現地指導した金正恩氏(2015年12月20日付労働新聞より)

朝鮮中央通信によると、金正恩氏は、工場全景を眺めながら「この前の姿が痕跡までも全く見られないように完全にあか抜けした」と述べながら「この工場を初めて訪ねる人々は機械を生産する工場ではなく、休養所に来たように考えるだろう」と、明るく微笑んだという。

    関連記事