来年5月に開催が予定されていた「朝鮮労働党第7回党大会」が、同年10月に延期されることが明らかになった。

北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩第1書記がナマズ工場を現地指導した際、「近代化工事を朝鮮労働党第7回大会が開催される翌年10月10日まで(後略)」と述べたことを報じ、延期されることが判明した。理由は明らかにされていない。

北朝鮮は今月12日に予定されていたモランボン楽団の公演を直前でキャンセル。改善の兆しを見せていた中朝関係が再度悪化する可能性があるなか、金正恩氏が来年5月の開催は厳しいと判断した可能性もある。

【関連記事】人肉事件も誘発…金正恩式「イベント政治」の大問題