今から56年前の今日(1959年12月14日)、在日朝鮮人ら975人を乗せた帰国船2隻が新潟港を発った。それから6年後の1962年10月、大阪・鶴橋生まれの10才の少女が、両親に連れられ帰国船で北朝鮮へ向かう。

少女の名前は、高姫勲。のちに高ヨンジャ、そして「高ヨンヒ」と名前を変える。そして、故金正日総書記の妻となり、現在の最高指導者・金正恩氏を生む。

1950年代からはじまった在日朝鮮人帰国運動で、高ヨンヒ氏を含む約9万人の在 日朝鮮人、そして日本人妻が北朝鮮へわたった。北朝鮮がめざましい発展を遂げているというウソに騙されたためだが、それも無理はなかった。何しろ当時は「産経新聞」でさえ、北朝鮮を絶賛していたのだから。

高ヨンヒ氏の経歴を辿ると、ほかにも意外な事実がみつかる。

熱烈な社会主義者の家庭と思いきや、彼女の父は戦中、日本の軍需工場で働いており、戦後は日本と韓国を往来する密航船の運営で大儲け。数人の愛人を抱えていた。