朝鮮半島のガスの歴史は古い。ソウルで都市ガスの供給が始まったのは1909年11月だ。次いで、釜山でも1912年の8月からガスの供給が始まった。

ソウルに遅れること約30年、1930年代末に平壌でもガスの供給が始まった。しかし、いずれも供給地域はごく限られた地域に限られていた。

最も都市化の進んだソウルでも、ガスが使えたのは8万世帯のうち1万世帯ほど、朝鮮半島全体では2万世帯にも満たなかった。韓国で都市ガスが普及するのは1980年代以降のことだ。

石炭・薪からプロパンガスへ

一方、北朝鮮ではごく一部を除いて「石炭」が家庭用燃料として使われている。しかし、極寒の北部山間地域では、安くて火力の強い「薪」が好まれてきた。そのトレンドが最近変わりつつある。