日本海側の沿岸や沖合で、漂流する木造船の発見が相次いでいる。その数は10月までで11隻に及び、今月2日にも新たに2隻が発見された。船内から発見された腐敗あるいは白骨化した遺体は、計30人を数える。

船の特徴などから言って、これらが北朝鮮のものであることはほぼ間違いない。

脱北を図って失敗した例もあるかもしれないが、多くは漁船と思われる。

北朝鮮はいま、食糧問題解決のため漁業に力を入れており、金正恩第1書記も精力的に水産部門の視察を続けている。つまりは国家の号令の下、性能の低い船でムリに出漁せざるを得ないことが、北朝鮮漁民の悲劇につながっているようなのだ。北朝鮮の漁業の現場は、まさに生死をかけた「最前線」であるわけだ。

それだけに、漁民たちの気風も自ずと荒っぽくなるのかもしれない。

最近、ロシアの領海では北朝鮮の漁船による違法操業が横行しているという。その上、取締りに駆け付けたロシア国境軍(国境警備隊)と衝突。漁民らが逆に、ロシアの兵士に集団暴行を働く「返り討ち」事件まで起きている。