北朝鮮の宣伝と日本の報道機関の北朝鮮賛美によって、貧困に苦しんでいた在日朝鮮人は祖国への幻想を抱き、帰国事業に駆り立てた。しかし、帰国者を待っていたのは、日本での宣伝とは大違いの貧困という現実と北朝鮮社会で最下層に位置づけられた差別だった。

「こんなはずではなかった」祖国に裏切られ、未来が打ち砕かれた彼らの怨嗟の声が聞こえて来そうだ。

そんな中、底辺からファーストレディーまで登り詰めた一人の女性がいる。北朝鮮の最高指導者である金正恩第1書記の実母「高ヨンヒ(※)」だ。

高ヨンヒは、大阪鶴橋生まれの在日朝鮮人だが、北朝鮮はその出自・経歴を一切明らかにしていない。こうした事情から、一時期はプロレスラーの娘という情報が流れたが、これは誤報だった。筆者は2011年、日本と北朝鮮の公式資料、そして当時の彼女を知る人物の証言や写真から、彼女の真の正体を明らかにした。

そして、高ヨンヒの正体を知るにつれ、なぜ北朝鮮が彼女の存在を明らかに出来ないのかという事情も浮かび上がる。

    関連記事