北朝鮮では、社会主義計画経済が崩壊し、猛スピードで資本主義化している。この波は、風俗産業、とりわけ売春ビジネスにも及んでいる。

北朝鮮にも売春はあった。90年代中頃からの深刻な経済難を背景に、家族を養うために女性が売春に走らざるをえない状況が生まれ始めた。こうした売春は「生計型売春」とも呼ばれ、デイリーNKが入手した現場映像でも、その実態が垣間見えてくる。

一方、5年前に流出した内部資料からは、女子大生らによる売春行為をはじめ、北朝鮮青少年の「乱れた性」の実態が、明るみになった。なかには、携帯電話欲しさに売春するという、いつかどこかで聞いたようなエピソードもある。

もちろん、北朝鮮当局も、売春斡旋業者を銃殺にするなど、厳しい措置を取ってきた。しかし、冒頭に述べたように、社会主義をスローガンにした国家の計画経済は事実上、破綻。売春をはじめとする裏ビジネスが、ありとあらゆる形で経済に組み込まれようとしている。