韓国軍が、ステルス無人攻撃機(UAV)を高高度に滞空させ、有事の際に北朝鮮の長射程砲や移動式ミサイル発射台などを攻撃する武器体系を研究している。聨合ニュースが6日、韓国軍関係者の話として報じた。

聨合によると、こうしたステルスUAVの研究は、韓国軍が進める「創造国防」事業の一環。同事業は、情報通信技術(ICT)やモノのインターネット(IoT)、ビッグデータなどの先端技術を国防と融合させるためのもので、対象として31種の課題が選定されている。

ステルスUAVについては、来年まで運用概念の確立などの研究を行い、2017年から2019年まで応用研究を進めるという。

軍関係者は聨合に対し「ミサイル発射台や艦艇、洞窟の中の長射程砲など、大型の標的はステルスUAVが直接接触して攻撃する」としており、必要に応じて機体をステルス・ミサイルとして使用する設計を目指していると思われる。また、小さな標的に対しては「UAVから自律対装甲子弾を発射して攻撃する」という。

韓国軍は、金正恩第1書記らを直接ねらう「斬首作戦」の導入も進めており、それとの関連が注目される。

    関連記事