12月1日は「世界エイズデー」だ。東京でも市民へのエイズの関心を高めて感染拡大の抑止を図り、HIV陽性者などへの偏見、差別を解消するために「TOKYO AIDS WEEK」(外部サイト)というイベントが12月12日までの予定で開催されている。

かつては、不治の病を恐れられたエイズだが、正しい知識を持ち、感染、発病したとしても、適切な治療を受ければ健康な生活を送れるようになった。

北朝鮮にも当然HIV陽性者、エイズ患者が存在するはずだが、当局は「我が国にエイズ患者はいない」と豪語する。

米国非難にエイズを利用

朝鮮中央通信は、WHOや国連の関係者を招待して平壌で国際エイズデーの記念行事を開催したと伝える反面、国営メディアの「民主朝鮮」紙は「最も優越した社会主義保健制度が樹立されており、人民的施策が実施されている我が国では、エイズ患者は一人たりとも発生していない」「我が国は今後もエイズ予防のための衛生宣伝事業と監視活動を引き続き強化し、人々の命と健康を積極的に守る」と報じた。