北朝鮮で女性たちの「復讐」が、静かにはじまろうとしている。といっても、体制や政治に対してではなく、北朝鮮特有の男性上位社会に対する復讐だ。

南北共に、朝鮮半島には儒教文化が根強く残っている。北朝鮮は、社会主義ゆえに男女平等をうたっているが、韓国以上に儒教思想の影響力は強く、女性蔑視は根強い。女性の地位は低く、その影響は「ブラジャー着用の可否」にまで影響していたぐらいだ。

それに加えて、人権侵害が広範囲に行われていることを鑑みれば、北朝鮮における女性の立場がいかに過酷なものかは想像に難くない。

北朝鮮における女性への人権侵害の代表例が「喜び組」だ。

喜び組を含む国家機関に奉仕する女性たちは、早ければ16才ぐらいから選抜される。また、子どもがいる離婚した女性や、特殊任務で死亡した国家機関員の未亡人など、経済的に余裕がない女性たちも選ばれる。

いずれの女性たちにも選択の余地はない。権力層の私生活に関わる立場だけに、生まれ育った土地を離れ、実家との連絡もたち、身も心も国家のために捧げなければならない。もちろん、その見返りとして一般庶民とは違った待遇を与えられるが、やはり北朝鮮特有の人権侵害と言うべきだろう。

女性に対する人権侵害の根底には、北朝鮮体制特有の女性蔑視観がある。さらに、喜び組という特殊なケースはさておき、一般社会における女性の地位も決して高くはない。

例えば、一般家庭の夫婦生活では、こんなケースが多い。男性たちは、職場に出勤する義務があるが、給料はコメ1キロを買えるか買えないかぐらいの少額だ。とても生計を維持できないため、女性たちは市場で商いに励み、一家の大黒柱として薄給の夫と家族を養う。それにもかかわらず、夫の方は、大して働きもせず、家ではタバコをふかしながらゴロゴロする。酒を飲んではくだをまく――そんなケースが少なくないのだ。

こうした理不尽な境遇に、ついに女性たちの堪忍袋の緒が切れたようだ。役に立たない亭主関白の男性に三行半を突きつける、つまり離婚を言い渡すケースが増えているのだ。

女房に捨てられた夫の末路は悲惨だ。給料だけでは食べていけない。やりくりする生活力もない。男性には市場での商売が許可されていない。そのため多くのバツイチ男性が「餓死の恐怖」に襲われている。

妻に捨てられたら、悲惨な末路が待っていることを知っているのか、最近では、家事と育児をする夫も増えている。かつては、恥ずかしくて口にも出せなかった妻への誕生日プレゼントなども、仲間内で話題に上る。「妻に優しくすれば家庭円満になる」という認識も広まりつつある。

男性の筆者が言うのもなんだが、虐げられていた北朝鮮女性たちのささやかな復讐が、男性陣の女性蔑視観を根底から変えて行くならば、彼女たちに心の底から拍手を送りたい。

そして、金正恩体制も一日も早く女性軽視政策を改めないと、北朝鮮の「千万女性」らから思わぬ復讐を受けるであろうことを警告しておこう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事