平和協定締結問題と非核化問題を混ぜ合わせれば、どれひとつも解決されないということは実践を通じて如実に実証された真理である。

平和協定が締結され、すべての問題の発生根源である米国の敵視政策の終息が確認されれば、米国の懸念事項を含む自余のすべての問題が妥結される。

平和協定締結の実際的かつ責任ある当事者である朝米が当然、前提条件なしに対座して平和協定締結問題から論議すべきである。 米国は術策を弄するのではなく、平和協定を締結するための朝米対話に速やかに応じなければならない。