日本は、韓国と北朝鮮の諜報(スパイ)戦の舞台である。最近はあまり話題に上らなくなったが、1980年代まではニュースになることも少なくなかった。他ならぬ日本人拉致も、その過程で起きたことだ。

そして現在も、日本を舞台にした南北のスパイ戦は続いている。

たとえば2005年10月と2009年7月、2010年11月、ある韓国人男性が日本を訪れた。男性は1993年に極秘訪朝して金日成主席と接見。その極秘司令に従って韓国の政界・軍・社会団体等の関係者を抱き込み、北朝鮮の指示の下に動く地下党「旺載山」(ワンジェサン)を結成した大物工作員である。

そして、男性が来日した目的は、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の現役幹部と、東京・多摩地区で秘密接触することだった。