韓国の大田地裁は2日、日本で留学中に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部と接触していたとして、国家保安法違反の疑いで起訴された40代の韓国人・S氏に対し、懲役3年の実刑判決を下した。聯合ニュースなどが伝えた。

報道によれば、S氏は留学中だった2001年9月ごろ、語学学校の前で朝鮮総連札幌支部のから声をかけられ、親しくなった。幹部S氏の引越しを手伝ったり、酒をふるまったりと便宜を図ったという。

S氏は2002年4月から幹部宅を定期的に訪れるようになり、映画『プルガサリ』やマスゲーム・アリラン公演のビデオなどを見ながら、北朝鮮が優れた社会であるとする思想教育を受けた。

「反国家団体とは知らなかった」

幹部はS氏に対し、韓国にいる知人を日本に連れてくるように命じ、S氏は2011年2月までに「安い費用で旅行することができる」と誘い、知人3人を来日させて幹部に引き合わせるなどした。これが、反国家団体構成員と会合した罪に問われることになった。

また、S氏が朝鮮総連機関紙の朝鮮新報など「利敵表現物」6点を取得・所持していたことも問題視された。

S氏と弁護人側は裁判で「朝鮮総連については北に友好的な団体という程度しか知らず、反国家団体であることは全く知らなかった」とした上で、北朝鮮や朝鮮総連に同調する行動は取っていないと主張した。また「知人らと共に日本旅行をしたが国家保安法上の目的を遂行するための誘引行為をしたり、国家の存立・安全など自由民主的基本秩序を脅かしたりするということを知って会合したとみなすことはできない」と主張したが、裁判所はこれを受け入れなかった。

    関連記事