2002年10月、金正日総書記が両江道(リャンガンド)大紅湍(テホンダン)郡を現地指導した際、現地の党組職書記(※注)がその場で解任される事件が起こった。

(※注=郡の党委員会で、組織運営を担当している書記)

この事件は、現地の国家機関や行政機関に勤務した北朝鮮人の間では、広く知られており「金正日秘話」となっていた。なぜなら、北朝鮮当局が聖人君子のごとき伝える金正日氏の姿と違って、彼の即興的で冷酷な性格、そして女性に対する特別な執着心を見せた出来事だったからだ。

デイリーNKが調査したところ、現地出身の脱北者との接触を通じて、事件に関する証言を得た。証言は、当時の労働新聞の報道と、日時、場所などが完全に一致。さらに複数の両江道出身の脱北者から、事件の詳細について知ることができた。

美女への執着

2002年10月8日、金正日総書記は大紅湍郡の茂山地区進攻戦闘勝利記念塔を訪問した。訪問から2日後の10月10日に、労働新聞は大紅湍郡の現地指導を報じた。