人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、日本の安倍政権が掲げる「積極的平和主義」の正体は軍国主義であると非難する論評を掲載した。一方、内閣などの機関紙・民主朝鮮も同日、歴史問題の清算を行わないことで「国際舞台で日本のイメージは甚だしくダウンして」おり、過去清算は日本のためだと主張する論評を掲げた。いずれも朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮メディアは最近、歴史問題などで日本への批判を強めている。日本が国連で北朝鮮の人権侵害追及を主導していることへ、のけん制の意図があると思われる。

また、来年夏に参院選を控えた安倍政権が拉致問題で働きかけを強めてくると見て、外交戦の地ならしを行っている可能性もある。

    関連記事