韓国軍は23日午後4時ごろから、朝鮮半島の西側、黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)以南の韓国側海域で、海上射撃訓練を行った。これに対し、北朝鮮の朝鮮人民軍は西南戦線軍司令部のスポークスマン談話を出し、海上射撃訓練を実施すれば「無慈悲な応懲報復を加える」と警告した。

北朝鮮は年がら年中、独特のレトリックを駆使してこの手のメッセージを発しているが、ほとんどの場合は警告は言葉だけで、行動を伴わない。

しかし決して、「またか」の一言で済ませるべきものでもない。現に5年前、北朝鮮は同様の警告に続き民間人が居住する韓国領の延坪島を砲撃。韓国軍の兵士2人が戦死し、民間人2人が犠牲になった。今回の朝鮮人民軍の談話は当時の経過にも触れ、延坪島を「死の亡霊が徘徊する地獄」に変えてやったと「自賛」している。

朝鮮戦争は1953年になったが、北朝鮮と韓国の間では、数多くの実戦が交わされている。特に問題の海域では、相互の報復に次ぐ報復で、おびただしい数の戦死者が出ている。