国連総会で人権問題を扱う第3委員会は19日、北朝鮮での人権侵害を非難し責任追及を求める決議案を賛成多数112、反対19、棄権50カ国で採択した。

この結果をめぐり、北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、北朝鮮外務省スポークスマン名義の談話を掲載した。

談話では「米国の対朝鮮敵視政策の集中的表現であり、人権の政治化、選択性、二重基準(※ダブルスタンダード)の典型的実例である反共和国「人権決議案」をわれわれに対する極端な政治的挑発文書として断固と全面排撃する」と非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

朝鮮外務省代弁人、強圧採択された反共和国「人権決議案」を全面排撃

【平壌11月21日発朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは、第70回国連総会第3委員会で反共和国「人権決議案」が強圧採択されたことに関連して21日、次のような談話を発表した。