北朝鮮の保安員(警察官)がワイロを受け取り、大量に偽造の運転免許証を発行していたことが発覚、厳罰に処されたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

中国の対北朝鮮情報筋によると、処罰されたのは人民保安部(警察庁)の護安課(交通課)所属の保安員たちだ。労働党の中央と検察官からなる調査チームが人民保安部と車両登録機関に対して大々的な監察を行った。

車の数は3年間で倍増

その結果、不正行為を働いていた保安員が多数摘発、免職となった。また、ある局長級の幹部は粛清された。さらに、保安部のある局長の家から米ドル札の束が発見されたとの噂が平壌市内に広がっている。

    関連記事