シリアからの難民200人が韓国政府に対して受け入れの申請を行い、うち135人が人道的措置として「準難民」の地位を得て、韓国に臨時滞在中であることがわかった。韓国の国家情報院が18日、国会情報委員会全体会議で行ったテロ対応策緊急懸案報告で明らかにした。

国家情報院によると、「準難民」として認められた135人は国内某所に滞在中で、残りの65人は、空港の待機所で難民申請に対する審査結果を待っている状況だという。

韓国の難民法の条文には「準難民」というものはないが、135人は本格的な難民申請が行われている状態で、残りの65人は事前審査の結果を待っている状況にあるものと思われる。

韓国は1994年から難民の受け入れを始め、2013年7月に「難民認定と処遇に関する法律」(難民法)を施行。同法では、難民は入国60日以内に難民申請を行い、申請後1年で結果が発表されることになっている。

食事はチキンバーガーとコーラだけ

ただ、韓国の国内外では、同法が難民の保護ではなく「追い返し」に使われているとの批判も出ている。