北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央通信は15日付で、パリ同時多発テロについて事件の概要のみを伝える記事を配信した。

論評は加えられていないが、「イスラム国」(IS)を「国際テロ組織」と表現し、事件について「凶悪なテロ行為」であると言及している。

北朝鮮は以前から、ISのテロ被害に遭った友好国に憲法上の国家元首である金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長の名義で、慰問のメッセージを送ってきた。ただ、フランスとは国交がないためか、現在までに同様のメッセージが送られたとの報道はない。

パリ同時テロ事件に報じた朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。