配給制度が崩壊し、食料は自分で生産するか、市場で買い求めるのが当たり前になっている今の北朝鮮。当局は「国定価格」という国が決めた販売価格を一応は発表している。しかし、そもそも国定価格で商品を売る国営商店自体が機能していない現状では、まったくの意味を成さない。

ちなみに、2012年の国定価格はコメ1キロが1600北朝鮮ウォン(約24円)。5000北朝鮮ウォン(約75円)前後の市場価格とは3倍の差がある。国定価格でコメを売る商人が誰一人としていないことは言うまでもない。

限度価格とは?

当局もこの状況を把握しているのか、同時に「限度価格」なるものを発表。これ以上の値段では売らないようにと指導しているが、これも有名無実化している。