それも見方を変えれば、正恩氏が有能な部下からの合理的アドバイスを得られず、暴走してしまうリスクを高めているとも言える。

北朝鮮の軍事動向は、引き続き注視が必要だ。