ソ連をはじめとする東欧社会の住民たちの意識の変化は、外部の情報と変化の信念を運んだラジオ放送の影響を大きく受けた。北朝鮮も同じだ。閉鎖的な北朝鮮社会の変化を導き出すために、現在アメリカをはじめとし、韓国の自由北韓放送や自由朝鮮放送、開かれた北朝鮮放送などが北朝鮮に向けて電波を送っている。対北ラジオ放送が北朝鮮社会に及ぼす影響を分析してみたい。

北朝鮮は外部と徹底的に遮断された国だ。北朝鮮政府は特に、住民が外部の情報に接することができないように緻密に統制している。外国のテレビや映画を見たり、外国の歌を聞いたり歌うことは禁止されている。北朝鮮の住民たちは、政府が提供する情報以外にはラジオを聴くこともできない。北朝鮮の住民のほとんどが、「第3放送」という有線のスピーカーで、政府が提供する情報を聞いている。北朝鮮の各家庭に、有線につながれたスピーカーが1台ずつ設置されている。

このスピーカーからは当局が提供する朝鮮中央放送や市道放送、市郡放送、村の放送などが時間別に中継されている。北朝鮮の住民が聞くラジオはこの「第3放送」を指している。もちろん、北朝鮮にも空中波の放送がある。北朝鮮唯一の空中波ラジオチャンネルが、朝鮮中央放送だ。けれども、空中波を利用して朝鮮中央放送を聴く住民はほとんどいない。北朝鮮は専用のラジオを所有することを最初から法律で禁止してきたからだ。

専用ラジオの所有を法律で禁止

北朝鮮の対南工作部署は、ずいぶん前から工作員たちに短波ラジオを利用して指令を下し、活動を報告してきた。北朝鮮は韓国もラジオを利用して対北工作活動をしていると判断して、専用のラジオを持っている人をスパイや政治犯と見なした。そのため、北朝鮮の住民たちはトランジスタラジオで空中波放送を聞くことは、とても無謀で危険な行動だと思っている。

だが、ラジオがついた録音機が普及するようになり、北朝鮮政府は空中波ラジオを聞く活動を禁止することが困難になった。北朝鮮政府はその頃から、ラジオのチャンネルを朝鮮中央放送に合わせた後、チャンネルを固定する方法で外部の放送を聴けないように統制した。チャンネルのダイヤルの輪ゴムを取り外してしまったり、チャンネルをはんだ付けで固定した。

このように、徹底的に外部の情報が遮断された社会で、北朝鮮の住民は地球上で最も極端で苛酷な個人独裁社会を地上の楽園と思って生きている。韓国の人が漢江の奇蹟を起こして新興経済強国に成長した後、豊かに暮らしているという事実も知らないまま、米帝国主義の植民地で破れた服を着て飢えながら暮らしていると信じて、ひもじさと軍事訓練の苦痛にやっとの思いで耐えながら生活している。

1980年代末に社会主義の国が立て続けに崩壊して、北朝鮮政権は自国の住民を食べさせる能力も失って、北朝鮮社会の危機は一層深刻になった。東西冷戦時代が幕を閉じ、朝鮮半島統一の時代も近づいてはいるが、依然として個人独裁と冷戦時代を脱することができない北朝鮮政権のために、北朝鮮の住民の苦痛は続いており、朝鮮半島の分断の痛みが終息する兆しがなかなか見えない。

北朝鮮の住民を飢えと独裁の苦痛から解放して、朝鮮半島の統一の時代を繰り上げるための最初の課題は北朝鮮の変化だ。北朝鮮が民主化と改革開放に進む道が、北朝鮮の住民を解放して、朝鮮半島の統一を実現することができる唯一の道だ。問題は、「どのように北朝鮮を変えることができるのか」ということだろう。北朝鮮の住民の意識を変える最も効果的で検証された方法こそが、外部の情報を北朝鮮の住民に伝えるラジオ放送である。

2005年12月に韓国言論財団が、韓国に入国してまだ2年経っていない首都圏の脱北者を対象に行った調査によると、外部のラジオ放送を聴いたことがあると答えた人が18%に達した。回答者の4.9%が、ほとんど毎日ラジオを聴いていたと答えた。

ラジオを聴くことは違法とされている北朝鮮の現実を考えると、この数は決して少なくないといえる。この数年間の脱北者の調査によると、2004年以後に送出を始めた自由北韓放送や自由朝鮮放送、開かれた北朝鮮放送など民間の対北ラジオ放送を聴いている住民の数も大きく増えている。

脱北者の18%, 外部のラジオ放送の聴取を経験

ラジオをはじめとする様々な媒体を通じて、外部の情報が北朝鮮社会に提供されるようになり、いくつかの変化が現われているという証言が出ている。1つ目に、ラジオの普及率が高まって、また食糧難以後外部の世界との接触が増えて、外の世界に一度接した住民の外部の情報に対する渇望が高まっているという。2つ目に、外部の情報が住民たちの意識や生活パターンに影響を与えているそうだ。

韓国の歌を口ずさんだり、言葉遣いが韓国風に変わったり、外の社会の服装を真似たりと、北朝鮮の住民の日常生活に小さな変化が起きているという。3つ目に、外部の放送を聴く人が増えて放送を聞く頻度も増し、北朝鮮政府が住民に強制的に注入した統治イデオロギーが事実ではないということを少しずつ悟る人が増えてきたという。4つ目に、党や行政機関、保衛部で働いている幹部の中にも、ラジオを聴く人が増えているそうだ。

毎年様々な機関が実施している対北ラジオ放送の実態調査によると、外部のラジオを聴く北朝鮮の住民の数が増え続けている。またラジオを聴く住民は、北朝鮮社会が改革と開放に向かわなければならないという事実を悟るようになってきた。閉鎖された社会で生きている住民たちの目と耳になって、北朝鮮の住民の認識と生活を変えている対北ラジオ放送の質を高めて、北朝鮮の変化と朝鮮半島の統一の基盤を堅める時がきた。

    関連記事