北朝鮮の李洙墉(リ・スヨン)外相がアフリカのアンゴラを訪問。独立40周年記念行事に参加し、ドスサントス大統領と会見。シコティ外相とも会談した。朝鮮中央通信が伝えた。

また、現地でモザンビークのニュシ大統領、南アフリカのズマ大統領をはじめ、各国の首脳、要人らとも会ったという。

朝鮮中央通信の一連の報道は次のとおり。

【平壌11月14日発朝鮮中央通信】アンゴラ独立40周年慶祝行事に参加し、アンゴラを公式訪問した朝鮮政府代表団団長である李洙墉外相が12日大統領宮殿で、アンゴラのジョゼ・エドゥアルド・ドスサントス大統領に会って談話を交わした。

大統領は席上、金正恩閣下がアンゴラ独立40周年慶祝行事に政府代表団を送ってくれたことに深い謝意を表すると強調した。