人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮外務省は13日、米国が朝鮮半島での平和協定締結を回避しようとしているとして、朝鮮中央通信の質問に答える形で、これを非難するスポークスマン談話を発表した。

談話は、北朝鮮の核放棄を平和協定締結の前提条件とするのは「言語道断である」と主張。平和協定が締結され、朝米間の信頼関係が醸成されてこそ他の問題の解決も可能になるとしている。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌11月13日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、米国が平和協定の締結を回避しようと試みていることに関連して13日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

    関連記事