東京新聞(朝刊)は11日、平壌の「金正日政治軍事大学」がスパイ活動を教育する際に使う内部文書を入手した。「拉致」の方法などが具体的に記されているとされ、北朝鮮が国家主導で拉致をおこなっていたことを裏付ける貴重な資料だという。

同紙によると、入手した内部文書は「金正日主義対外情報学」という工作員養成用テキストで、拉致の目的や手法が詳述されているという。朝鮮労働党関係者によると、金正日氏が総書記に就任した1997年以降に作成され、同氏が死去する2011年まで工作員養成過程で使用されていたという。

文書で「拉致」の表記が、北朝鮮式表記の「ラプチ」ではなく、韓国式表記「ナプチ」となっている点について同紙は、韓国で工作活動をする実情に合わせたものだと分析する。

また、拉致の対象が抵抗したら「処断も可能」とし、銃殺、毒針、毒薬をはじめ「処断の方法は、実にたくさんある」と記されているという。

2002年9月、金正日氏は小泉純一郎首相と会談し、日本人拉致を認めた。しかし、特殊機関の一部の「妄動主義」によるものと釈明。この内部文書は、金正日氏の主張を覆す貴重な資料といえよう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事