李乙雪(リ・ウルソル)朝鮮人民軍元帥の死去を伝える朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

李乙雪氏、死去

【平壌11月8日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会委員、共和国最高人民会議代議員、朝鮮人民軍元帥の李乙雪氏が長期間、肺癌の治療を受けた末、チュチェ104(2015)年11月7日10時10分、94歳を一期に惜しくも死去した。

チュチェ10(1921)年9月14日、咸鏡北道金策市の貧農の家庭で生まれた李乙雪氏は一生を革命の軍服を着て党と領袖を決死の覚悟で擁護する前哨線で、民族解放、階級解放偉業の勝利を収め、人民軍を無敵必勝の革命武力に強化発展させるためにすべてをささげてたたかった抗日革命闘士であり、朝鮮労働党の忠実な老革命家である。

同氏は、日帝統治の暗たんたる時期に金日成主席が策定、指導した栄光に輝く抗日武装闘争に参加して祖国解放のための聖なる偉業に自身のすべてをささげた。

解放後、人民軍の重要な職責で活動しながら金日成主席を武装でもって生命を賭して防衛し、人民軍の強化発展のために献身的にたたかった。