北朝鮮の朝鮮労働党は先月30日、来年5月に36年ぶりの「第7回朝鮮労働党大会」を開催すると発表。当局は、中央機関をはじめ、各道(行政区)の機関、企業所、軍部隊で党細胞組織(※末端組織)の総会を通じて、党大会を成功的に準備することを奨励している。しかし、党員たちからは相次ぐ国家行事に不満の声が出ているとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

大会の様子(資料写真)
北朝鮮で行われる大会の様子(参考写真)

平安南道(ピョンアンナムド)の情報筋は6日、次のように語った。

「細胞総会で第7回党大会招集に関する中央党政治局の決定を指示しながら、『高い政治的熱意と輝かしい努力的成果で迎えよう』と、はっぱかけている」(情報筋)

歌で党大会の雰囲気盛り上げ

情報筋によると、開催発表後から全国各地で様々な政治的なイベントが行われ、村や道の至る所に各種の政治宣伝ポスターとスローガンが出始めた。