北朝鮮の通貨レートには2種類ある。公式レートと闇レート(実質レート)だ。

今年、平壌を訪れた外国人観光客のAさんによると、外国人客がよく利用する羊角島国際ホテルでは500ミリリットルの炭酸水に60ウォンの値札が付けられており、レジで支払ったのは中国人民元で3.5元。おおよそ「1ドル=105ウォン」の公式レートで計算されたことになる。

一方、Aさんがホテルを一人で抜けだして、現地の北朝鮮住民もつかう市中のお店で菓子パンを買おうとしたところ、店員から4000ウォンと言われた。北朝鮮ウォンがなかったので中国人民元5元札で支払うと、2500ウォンのお釣りが支払われた。闇レート、つまり闇レートで5元は約6500ウォンだ。10月の闇レートは「1ドル=8,600ウォン」。公式レートの実に80倍以上になる。

Aさんのケースでわかるように、外国人に対してホテルや観光地の売店では公式レートが適用され、一般商店で買い物をした場合は闇レートが適用される。ただし一般商店での買い物は、案内員(ガイド)にバレないようにしなければならない。

国営百貨店にシャープの液晶テレビ

ところが、最近平壌を訪れたロイター通信の記者は、ガイド同行の元に闇レートでの買い物を許されたと同社が報じている。