北朝鮮の住民なら必ず持っているのが「生活総和」のノート。頻繁に行われる総和、つまり総括の際に提出するノートで「指示を守れなかった」「非社会主義的な行動を行った」などの内容を書き留めて、個人で管理する。

思想教育を目的とした講演会で配布される講演提綱の例
思想教育を目的とした講演会で配布される講演提綱の例

講演会の内容は頭で覚えろ!

しかし、北朝鮮当局が最近になって「生活総和」ノートを個人ではなく、機関、工場、企業所などで管理するように方針を変更。さらに政治講演会の内容を書き留める「講演会ノート」についても取りやめる指示を下したと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。背景に何があるのか。

従来、講演会で話された内容はノートに書き留め、労働党や勤労団体の検閲(検査)の際には、生活総和ノート、金日成、金正日労作(著書)学習ノートと合わせて提出する義務があった。講演会ノートには、開催日時、講演のタイトル、講師の名前、講演の主な内容などを記載しなければならない。北朝鮮当局はノートをチェックして思想教育にどれだけ熱心に臨んでいるかを評価する尺度としていた。

朝鮮労働党の中央委員会は昨年5月、「生活総和ノートは個人ではなく、人民班(町内会)、機関、工場、企業所が保管せよ」という指示を下したが、最近に入って「党が主催する政治講演会のノートも廃止せよ」という指示も下した。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、指示の具体的な内容は「今後は講演会の内容は聞いて覚えよ。絶対にノートに書き留めるな」というものだ。こうしたノートは、住民にとって大きな負担だったことから、今回の廃止令を歓迎する声が上がっている。

ノート廃止の真の狙い

歓迎されるノート廃止の指示だが、北朝鮮当局の本当の狙いは「情報流出を防ぐため」だと咸鏡南道(ハムギョンナムド)の別の情報筋は指摘する。

「指示文には『個人の便宜を図るために、面倒な講演会ノートを廃止する』と書かれていたが、そんな理由を信じる人は誰もいない。指示を知らずに、講演会でノートを取ってしまう人もいるが、当局に呼び出され『なぜノートを取るのか』と取り調べを受ける。情報が外に漏れるのを警戒しているのは見え見えだ」

これまで、講演会ノートが様々なルートで国外に持ちだされ、メディアなどを通じて公開されることが度々起きている。講演会では、海外には知られてはならない内容もあるため、機密保持のためにノートを廃止したわけだ。

「外部に情報を流出させた者は厳罰に処す」という内容の講演会の内容が、外部に流出して報道される有様なので、当局が警戒するのも無理のない話だ。

敵の策動を踏みにじれ

デイリーNKでも、講演会で話された内容について何度も報じているが、ここでは2008年に幹部を対象として行われた「敵の反共和国(北朝鮮)策動を踏みにじり、秘密遵守事業を強化することについて」という講演会の内容を一部抜粋して紹介する。

敵の反共和国(北朝鮮)策動を踏みにじり、秘密遵守事業を強化することについて

▲ 今、南朝鮮(韓国)では親米売国奴である李明博(大統領)の一味と、ハンナラ党の逆賊集団に反対する、愛国的市民と青年、学生たちの闘争が強化されている。小学生もがろうそくを灯して街に出て徹夜で李明博退陣運動に参加している。

▲ 滅亡のどん底に陥った李明博傀儡徒党とハンナラ党の連中は、消え行く彼らの生命を支えるために、多くの愛国市民と青年、学生の血を流して弾圧する一方、アメリカ帝国主義者らを引き入れて、前例のない北侵戦争演習騷動を行い、南の全土を殺伐とした戦地にしている。

▲ 一方で、傀儡逆徒は一握りにもならない民族のゴミどもをけしかけて、尊厳高い我々共和国に対する悪辣な誹謗中傷策動を行い、生きながらえようと発狂している。

▲ 傀儡の群れは崩壊しつつある政権を維持するために、既に南朝鮮の人民から捨てられ、破産の危機に追い込まれた親米、親日売国団体と民族反逆の群れをけしかけて、我々の共和国に反対するラジオとビラ散布策動にしがみついているが、先軍(北朝鮮軍)の銃隊と一致団結した我々人民の必勝の意志をくじくことはできない。

▲ 李明博傀儡徒党の退陣を要求する南朝鮮の多くの人と青年、学生たちも、卑劣な対北ラジオやビラ策動にしがみつく売国奴の輩を専ら糾弾している。

▲ だが、我が軍と人民の断固たる意志と決心を前にして、怯えた売国逆賊の輩ですら、「今すぐビラ散布を中断しなければならない。このようにして戦争でも起これば、北朝鮮の核が私たちをそっとしておかないだろう」と言い、恐怖に悲鳴を上げている。

    関連記事