金正恩第1書記が弱体化する朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の立て直しに躍起になっている。

北朝鮮の国営メディアは3日、金正恩第1書記が対空ミサイル射撃訓練を視察したことを報道。同メディアは、対空ミサイルの写真を掲載しながら、「現代戦の要求に即した多種の新型の高射ロケットの開発をより積極化すべき」と新兵器開発に檄を飛ばす金正恩氏の言葉を伝えた。

北朝鮮は、5月にも潜水艦からのSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射実験に成功し、その動画まで公開するなど、新兵器の開発に力を入れている。そのスピードは加速しており、決して北朝鮮の開発能力を侮るべきではない。

ただし、最新兵器の開発に力を入れる一方で、通常兵力という面で朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の弱体化は著しい。