北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正恩第1書記が、朝鮮人民軍西部前線対空部隊の高射ロケット(対空ミサイル)射撃訓練を視察したことを報道した。

高射ロケット射撃訓練を見学する金正恩氏(2015年11月3日付労働新聞より)
高射ロケット射撃訓練を見学する金正恩氏(2015年11月3日付労働新聞より)

新型高射ロケット開発を積極化

同通信は、今回の対空ミサイル射撃訓練の目的を、「高射ロケットの技術状態と西部前線対空部隊の実戦能力を調べながら、多種の新型高射ロケットを研究、開発するための方途を見い出す」としている。